電子カルテの導入によってどんな可能性が出てくるのか?


電子カルテのメリットは?

電子カルテとは、医師が診療に関して記入している紙カルテを電子システムで管理しデータベースに記録する仕組みのことを指しています。患者さんの診療情報は病院ごとにそれぞれ保管されていますが、厚生労働省は全国の病院及び全診療所に対して電子カルテシステムでの一括管理の普及を図ることを目標として掲げています。紙カルテと比べると電子カルテは収納スペースも抑えられ管理が簡便となっており、長期間かつ大容量での保存も可能であるため患者さんの既往歴などの確認にも役立ちます。しかし電子カルテのフォーマットが標準化されていないため、厚生労働省主導で日本独自のフォーマットの提案がされているのですが、なかなか進んでいないのが現状です。

電子カルテと電子マネーの関係とは?

国は電子カルテ等の医療情報に番号制度を導入していく方針を決定しており、マイナンバーシステムと医療関連システムを連動させる仕組みの段階的な導入も予定しています。これによって医療情報を共有し二重投薬や検査を避け、利便性を高めることで医療費削減を試みることが目的なのです。そのためにも早急なカルテの電子化が必要となってきますので、電子カルテの導入費用のために国による予算措置が検討されています。またこの医療情報をビッグデータとして活用することで、効果的な治療に役立てたり新薬開発などに生かしていくことも考慮に入れられています。医療以外の分野でも幅広くマイナンバー制度の活用予定も考えられており、例えばマイナンバーカードに電子マネーを搭載したカードの利用対象を増やして、電子マネーでの納税手続きを可能にする案などが挙げられています。

電子カルテは従来の紙のカルテに代わり、電子データとしてパソコンなどでカルテを管理する方法です。保管場所の省スペース化につながるほか、処理のスピードアップが図られ、医療機関同士の情報交換にも有効です。