必見!LTVを最大化する顧客管理とアプローチとは?


顧客を分類してみよう!

WebサイトやECサイトでは、全ての顧客に対してメルマガを一斉配信するケースが見受けられます。この場合、新規の顧客も、以前購入してからしばらくの間購入していない休眠顧客も、何度も購入している優良顧客も、同じ内容のメールを受け取ることになります。これではマーケティングとしての効果は薄いです。LTVを最大化するにはまず顧客を合理的に分類し、顧客の性質に合わせた最適なアプローチを考えることから始めます。顧客を分類してそれぞれの傾向を把握することができれば、分類ごとの興味や関心が分かるので、それぞれの顧客に合ったアプローチの仕方が見えてきます。

顧客の性質に合ったアプローチでLTVを最大化する!

新規顧客には、購入した商品や閲覧したデータ履歴などを分析して趣向に合わせたコンテンツを作成してメールを送ったり、再購入を促すような新規顧客限定のクーポンを送ったりして、興味関心を維持してもらうことが大切です。優良顧客には、購入金額に応じた特典やクーポン、優良顧客だけの限定クーポンやセール情報を送ったり、購入した商品に関連する商品が表示されるようなサイトの機能的な工夫などにより、競合する他のサイトに顧客を取られないよう優越意識に訴えかけるようなアプローチが有効と言えるでしょう。休眠顧客には、一定期間購入していなくてもサイトには訪問している場合も多いので閲覧したデータ履歴から顧客の現在の興味関心を把握して、コンテンツ作成やセール案内などの情報を送るなどの方法があります。顧客の性質に合ったアプローチを行い、顧客と対面しているようなコミュニケーションで良い関係を築くことができれば継続した購入につながり、LTVの最大化となります。

顧客LTV最大化を図ることで、リピーターからの指示を受けることができ、収益の増加や企業のイメージの向上につながります。