開業してからある程度の収入が出たら青色申告をするのが一番


青色申告なら控除額も多い

確定申告では開業届けを出していない場合には白色申告をすることになりますが、開業してからまとまった収入が入るようになったらその年度の確定申告の際に、翌年分の確定申告から青色控除が出来るように開業届けを出すようにしましょう。複式帳簿をつけるという義務がありますが、現在では白色申告者でも帳簿をつける必要はあるので、手間はさほど変わりません。青色申告で控除を受けられれば税金や国保料なども白色申告よりやすくなりますから、損をしないためにも青色申告は必要です。

控除額はいくらになるのか

白色申告の場合には控除額は基礎控除分の38万円ですが、青色申告の場合には38万円にプラスして特別控除分の65万円を控除出来ます。所得税計算ならば103万円が最大で控除されるので課税額も大きく変わってきます。

ソフトを使えば帳簿も簡単にできる

青色申告で面倒な作業の一つに帳簿つけがありますが、複式帳簿は必ずしも紙である必要はなく、パソコンの青色申告ソフトを使うことで簡単に帳簿が付けられます。複式帳簿のソフトは勘定科目などを自由に決められるので初期設定さえ怠らなければ毎日の帳簿付けも楽に済みます。複式帳簿の書き方をマスターしている場合には、市販の帳簿に手書きで書いても問題はありませんが、あまり青色申告のことについて知識がない場合には申告ソフトを使って帳簿をつけるのも良いでしょう。青色申告は僅かな手間で大きな控除額を得られますから、個人事業主の方はまず青色申告者になることを検討しましょう。

青色申告とは確定申告において65万円まで控除される申告で、パソコンなどの備品は白色申告では10万を超えると減価償却しなければなりませんが、100万円まで一括計上できます。