どうやって片付ける?引っ越しの時のポイント!


家具や家電の位置をあらかじめ決めておく

色々な事情で引越しをします。転勤や進学などが理由かもしれませんし、新たに新築を建ててそちらへの引越しもあります。基本的には引越し先の物件の間取りなどを把握して行います。現地に行って初めて物件を見るなどはありません。引越しをしたときに必ず問題になるのは、片付けがスムーズにできるかです。もたもたしていると新しい生活ができません。長い間荷物に埋もれて生活しないといけなくなります。それを避けるためには、家具や家電など大きなものをどこに置くかを決めておきます。そして、業者にそれを伝えておきます。現地で迷っていると、どこに置けばいいかわからず、希望通りの場所に置いてもらえないケースもあります。決めておけば、どんどん希望の場所に置いてもらえます。

後入先出の方法で荷物を解いていく

ビジネスの専門用語に、先入先出、後入先出があります。商品や在庫などを仕入れた順に使うか、後から仕入れたものから使うかを決める言葉です。実際のものの動きでもありますが、事務処理上の手続きのみの話もあります。引越しで片づけをスムーズにしようとするなら、後入先出の考えを使うと良いかもしれません。梱包をするとき、使わないものから徐々に詰めていきます。そしてよく使うものはぎりぎりになって梱包をします。荷解きをして片付けるときはその逆になります。よく使うものからどんどん荷解きをして、片付けます。使わないものはしばらく梱包した物でも構わないでしょう。しばらく段ボールが積みあがった状態が続きますが、生活をするのには困りません。

不用品の回収は大型の家電製品等も無料で引き取ってくれる場合もあるので、いらない物がある時は積極的に使うと便利です。